検査結果の見方

診療時間
月~金曜日

AM 8:30~AM 10:00
PM 13:30~PM 15:30

土曜日

AM 8:30~AM 10:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝日
お盆・年末年始

TEL
011-209-5450
胸部X線検査結果の見方
肺病変の有無や心臓の陰影、脊柱側弯などを調べます。従来の撮影法に比べて、被爆量が非常に少ないのが特徴です。
 
胸部X線
右胸心
本来は胸部の左側にある心臓が右側にあります。
右側大動脈弓
大動脈弓が正常な場合とは逆に右後方に向かい、脊椎の右側を下降しています。
間質性肺炎(肺線維症)
細胞壁の間の間質部分に炎症をおこしています。
気胸
肺胞という袋状の組織が融合した大きな袋が破れる病気です。
ブラという空気の袋の破裂などが原因で起こります。
奇静脈葉
奇静脈が発生途中で肺を横切ったために、右肺の上部が二つに分かれているものです。
脊椎後・側弯症
背骨が、後ろまたは左右どちらかに弯曲しています。
陳旧性胸膜炎
過去に肺を包む胸膜に炎症が起き、それが治癒した痕です。
肺嚢胞症(ブラ)
肺胞の壁の破壊や拡張によって、隣接する肺胞と融合し、大きな袋になったものをいいます。
これが破れると自然気胸という病気が起こります。
肺気腫
正常肺の袋状構造が拡張ならびに破壊される病気のこと。
肺門部(リンパ節)腫大
左右の肺の間にあり、気管や血管の出入り口になっている部分が腫れていることをいいます。
多数のリンパ節が存在します。肺腫瘍、肺結核、サルコイドーシスなどで起こります。
漏斗胸
胸の前面中央にある胸骨が内側に陥凹していることをいいます。
サルコイドーシス
体の様々な器官において、炎症細胞が異常に蓄積し、肉芽腫を 生じる病気です。
縦隔のリンパ節の腫大が、胸部X線検査で見つかることがあります。
陳旧性肺病変
過去に肺に炎症が起き、それが治癒した痕。
気管支拡張症
気管支の壁が損傷を受けて、気道の一部が拡張したまま元に戻らない状態。
縦隔腫瘍
縦隔(左右の肺に挟まれた部分)に発生する腫瘍。
心拡大
心臓が通常より大きく見えている状態。心臓病などのほか、肥満でも見られます。