検査結果の見方

診療時間
月~金曜日

AM 8:30~AM 10:00
PM 13:30~PM 15:30

土曜日

AM 8:30~AM 10:00

休診日

土曜日午後・日曜日・祝日
お盆・年末年始

TEL
011-209-5450
胃部X線検査(DR撮影法)結果の見方
バリウムによる食道・胃・十二指腸の検査です。潰瘍や炎症、ポリープなどがわかります。
 
胃部X線検査
アカラジア
食道下部の筋肉の運動異常によって、通過障害と共に、口側の食道が異常に拡張する病変をいいます。
食道腫瘍
食道に発生した腫瘍のことをいいます。精密検査を行って悪性かどうかを調べます。
食道静脈瘤
食道の静脈のこぶ状のできもの。
食道裂孔ヘルニア
本来腹部にある胃の一部が、横隔膜の食道裂孔という穴を通って胸部内に入り込んだ状態です。
胸焼け、胸部圧迫感などが現れます。
潰瘍
粘膜より深い、限局性の組織欠損をいいます。
潰瘍瘢痕
潰瘍が治り、粘膜が修復されたときにできた変化を言います。
憩室
壁の一部が外方へ袋状に突出したものです。
陥凹性病変
表面が凹んだ性状の病変をいいます。腫瘍、潰瘍などでみられます。
隆起性病変
表面が盛り上がった性状の病変をいいます。腫瘍、ポリープなどの場合に見られます。
胃粘膜下腫瘍
胃粘膜の下から発生したこぶ状の病変をいいます。超音波内視鏡で性状を確認します。
ポリープ
粘膜の一部にできた膨らみのあるできもの。
巨大すう壁
胃粘膜のひだが厚く太くなっている状態。